知らず識らずのうちに免疫力が下がる食べ方

ストレス解消に食べていませんか?

カラダを動かしてナニかをする気にならない。。。というときがありますね、

要注意!! です。

そういうとき、口だけは動かしたい〜 ナニか口にほおり込みたい! ってなりやすいからです。

1日中家の中に居てしかも毎日、毎日ストレスが溜まらないわけがありません。

人間、ストレス発散のためにもっとも手っとり速い行動が食べること。

コロナに打ち勝つ免疫力をつけたい方は、

少ない量の方が、心身の疲労が少なく、体力・免疫力があがる。

食べすぎが及ぼす危険性

人類は、長い歴史の中で飢餓に苦しみ続けてきました。

そのために、お腹が空っぽ状態に順応能力があります。

逆にお腹いっぱいの状態の処理能力が多くない。

なので、疲労するし(内臓の疲れは体の疲れとして感知される)、結果、充分に消化吸収もエネルギー化もできなく、ゴミあるいは簡単に脂肪に変換されて、体内のアチコチに蓄積。

もったいない!

食べものが命をつなぐエネルギーとしてつかわれなくて、逆に心身の病気の方向にいってしまう(軽いウツ、肥満・成人病etc)

食べ方の注意

なので、コロナに打ち勝つ免疫力をつけたいこの時期は、

「適量」を意識すること

です。

そのための食べ方は、

✔食卓に大盛り(バイキング・スタイル)せずに、めいめい皿に食べていい量を盛り付ける

✔食べる前に料理をしっかり見てあげて、目から、鼻からエネルギーを貰う

✔ゆっくり20分時間をかける、30回噛む。きょうから、気もちを改めて実践してみましょう。

さらに、免疫力を上げる食事に興味のある方は、こちらも読んでみてくださいね! 登録は無料です。

コロナに打ち勝つための!あなたに必要な「食べもの」と
「食べ方」を知り、運を手に入れましょう!。