食べ物でシワができる!?目頭のシワの原因になる食べ物とは

朝晩、女性は鏡で顔を直近でみますね。最近は男性もお肌の手入れをしているせいか髭剃りの後よく顔をみていると聞きます。
毎日見てるはずなのに、ある日突然「アレ、何でこんなところにシワが?」と気づくことがあります。

 

額(ひたい)や目頭の間(鼻筋のいちばん低いところ)、目尻のあたりが目につきやすくないですか?
最近は若くても額と、目頭の間のシワに気がついて「アレ、なんで?」という方がふえてきました。きょうは、目頭の間あたりの小ジワについて食の視点でお話しましょうね。

目頭の間のシワは食べ物が原因の可能性大!

40歳代になるとほとんどの方がここに細い小じわを発見されています。男女ともにですよ!

ところが最近は20歳代の方も!

あなたは、いかがですか?

「まあ目立たないからイイか!」とやり過ごしていますか?

加齢するにつれてこのシワは深まります。そこで、なぜここにシワができるのか?

 

それは、左右の目頭の間は内臓で言えば、膵臓の状態が分かる場所です。膵臓といえば、主な働きは「糖代謝」です。そう、甘いもの!

 

特に白砂糖を使ったスイーツやお菓子・くだものを頻繁にたくさん食べるとか、ドリンク剤をけっこう飲んでいると(ラベルを見ると分かるのですが果糖・ブドウ糖が表示されていると思います。白砂糖と同じ仲間:単糖類・二糖類なんです)左右の目頭の間にシワが出ます!

料理に砂糖を使うのも意外とバカにできない習慣ですね。毎日毎食のことですから。

食生活をどう気をつけるべき?

それでは、食生活で何をどう気をつければよいかという事ですが~

 

今まで食べていたスイーツの量を半分にしませんか?

 

甘い味を欲しがるのは、「肉食の副作用」なので肉料理をガッツリ食べるのは、お祝い事とかハレの日やご褒美(ほうび)のときのお楽しみにして、普段は魚や豆腐・豆類をおすすめします。

 

料理を作る際、白砂糖を使わないで、玉ねぎを先に煮て甘みを出してから、他の材料を入れると相当甘くなります。(糖尿病の隠れ未病があると、この甘みでは納得いかないかもしれません。チョット工夫がいります、別の機会にお話しましょうね)

 

さてシワに話を戻しましょう。今、気づいた段階で「あ~これ以上このシワを深くしたくない!」とお思いでしたら、自分の食べ方に目を向けてあたまを使う!(甘いものを食べるときは幸せになりますが、うっとりし続けないでハッと我に返って)半分に!

 

そして「感謝」しながら、ありがたくいただきましょう。食べ物の背景には必ず作ってくださった方々の存在がありますからね~。!(^^)!

 

また乾燥する時期には、シワが外部からの影響でいっそう増えるので、保湿を心がけるといいでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました! きょうも食事の神さまに愛されますように!!

心と体が、健康、且つキレイになって、
あなたにとっての「最高の運」を
次々と惹き寄せる“究極のお作法”がここにあります。