ニセモノの塩に注意!どんな塩を選べばいい?摂取するべき塩の種類とは

毎日の食事に切っても切り離せない「塩」。最近は、減塩の食品などもスーパーでは必ず並んでいて、「塩」はまるで悪者かのように扱われています。だから、なんとなく「減塩」を選んでいる……という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「体にいい」と思って選んでいるものが、実は逆に良くないものであるかもしれません。今回は、正しい「塩」の知識を身に着けて、塩の健康パワーを十分に生かせるようになりましょう!

 

こんにちは!
1日1度の食事のしかたを変えるだけで運が拓ける
開運美人力マスター カノン小林です。

健康料理の代名詞「マクロビ料理」における塩のこだわり

体にイイ食べものといえばご存知の方はご存知……マクロビオティック料理が知られています。マクロビオティック料理を作る場合、野菜や穀類、そして調味料の原料は有機栽培されたものを用います。その中でも「塩」にはこだわりがあるのですが、そのこだわりとは何のことだかお分かりでしょうか?

 

そう「何からできているか?」ということです。ヒトの体に最も適合するのは「海水から作られた『自然塩』」なのです。生命は海から生まれた! という事をご存知だと思います。40数億年前にバクテリアなど微生物として命が発生し海水の環境の変化で様々な生物に進化していったといわれます。

 

今から5億年ほど前に地球は全凍結して、それまで進化してきた生物は陸上の動物・鳥類は凍死で絶滅し、海水中で進化していた生物は、地球の核から噴き出してくるマグマで温められて温泉になっている近辺にいた魚類だけが生き残ったのです。4.5億年前くらいになると海底火山の爆発で大陸が隆起して出来上がり、同時に地球の氷結は緩み始めて、また再び魚類からの進化を繰り返したのです。

 

カノンが言いたいのは生物の進化論ではなく……40数億年間累々と命をつないで進化の最前線にいる私たちだけど……この肉体は、たどれば海水(海)が故郷だということなんです。私たちの体液(水分)はしょっぱいです。血液も汗もおシッコも~~。しかも、私たちの体液に含まれるミネラル成分濃度は海水と同じだそうです。生まれてから今までさなざまなものを飲食してきましたから多少変わっているでしょうが。

 

赤ちゃんを育てている胎内・羊水はほとんど海水と同じだそうですね(赤ちゃんを守るためのシステム装置が備わっているとしか思えません)。赤ちゃんは羊水を吸い込んでは、おシッコで羊水に出し酸素も栄養もこの繰り返し(循環)の中で取り入れているのです、まるで魚(胎児はエラ呼吸)のように! なので私たちのこの体は、海水のミネラル配分が最も調和がとれるってことです。

岩塩は体にいいの?

岩塩は? って声が聞こえてきましたが、ハワイ諸島やネパール(ヒマラヤ)、フランス、元・活火山だった地域の断層からはキレイな色(塩の周りの鉱石に含まれる元素イオンの色)をした岩塩がとれます。つまり、海水の化石です! ミネラルの含有率が生の海水とは異なるので、私たちの体には不自然なわけですね。

 

見た目が美しいものや珍しくもある岩塩を使いたい! という方もいるでしょう。マクロビオティックでは「毎日使う塩」としてはオススメしてませんが、健康な方でしたら月に数回程度は大丈夫でしょう。海水の化石と言いましたように数億年かかってできてる岩塩なので、凝縮・濃い味です。そこに注意して食べてみましょう。自分に合うかどうか体が教えてくれますよ、キット!

ニセモノの塩がテーブルの上にいる!?

また、一般的にテーブルに置いてある食塩は塩ではありません! 化学的に合成されたNacl(Na+  Cl- )、もっと言えば化学物質です。ピリッとするあれが危険です。天然の海水から作られた自然塩はピリッとした舌感覚はありません。海水由来のミネラルをいっぱい含んでいるので旨味がありますし、甘くさえ感じます。そういうのが本物の体になじむ塩です。

どんな塩を買ったらいいの?

今の時代野菜や果物、穀物さえミネラル不足なのですから、イイ塩は摂る必要があるんです。そうでないと赤血球が作れなくて目まいがしてふらついたり、貧血、低血圧が起こります。害があるのはNacl 食塩ですから、おすすめできませんね。

 

スーパーの塩コーナーで、「食塩」と書いてある袋の横に「天塩(あましお)」「伯方の塩」があったら、買ってくださいね。(カノンのオススメするオーサワジャパンでも取り扱っています)自然食品店で「海の精」「奥能登の塩」とかあったら最高級レベルです。

 

あなたの故郷でもこだわりの手作り塩を作ってくださってる工房があったら、是非見学に行ってみましょうね! 気が遠くなるような時間をかけて想いを込めて生産してくださってる姿を~~。なので、想いのこもった野菜の上に愛の塩をパラりとかけて、その食事と会話して「海からの命、野菜たちの命、生産者さんたちの想い(愛)を いただきます!」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました! きょうも食事の神さまに愛されますように!!

心と体が、健康、且つキレイになって、
あなたにとっての「最高の運」を
次々と惹き寄せる“究極のお作法”がここにあります。