咳だけが消えない風邪。風邪薬が効かない「咳喘息」と対処法

こんにちは!
1日1度の食事のしかたを変えるだけで運が拓ける
開運美人力マスター カノン小林です。

 

今年はインフルエンザや風邪がいつまでも流行りますね。ある研究機関に勤めている40歳前後の知人女性と世間話をしていました。

 

Name

「私のどが弱いせいか、風邪ひくとほかの症状は治っても咳だけ長引いてなかなか治らないんですよ! なんでなのででしょうね?!」

 

気が付いてみればこの知人は、年中マスクをしている。風邪をうつされたくないとか……風邪ひくと咳だけ残って、仕事にならなくなっちゃうらしいの。

 

じつは、慢性的に空咳(からせき)が続く気管支の病気で「咳喘息」。最近よく聞くようになりました。一般的な「喘息」と同じく気道(呼吸をする時空気の通る道)が狭くなってさまざまな刺激に過敏になっていて、炎症や咳の発作が起こるんです。冬は冷たい外気や乾燥した空気、温かくなってくると冷房の風や自分の体温が上がっても咳き込むことさえあります。

 

もともと、遺伝性のアレルギー体質で小さい頃は未だ体の中のゴミの蓄積が少ないので、それほどひどい発作が出なかったのでしょうね。おとなになるまでに色々なものを食べたので溜まっちゃって、咳という形で吐き出しているのだと思います。

 

ノドや気管支が年中炎症を起こしているので過敏現象が起こってるので、炎症の元をなんとかしなくちゃ! 炎症を鎮めるには、乳製品を一切やめる。パンもやめるといいんだけど、仕事が忙しいと、ついコンビニのサンドイッチを3食のうち1度は食べているとか。だったら、お結びにすればいいね! ホントは手作りにしてほしいのよ!

 

コンビニのは、中毒予防のためにどうしても保存剤などの添加物が入ってるからね。果物の食べ過ぎもタンを作ってしまうので、咳き込みの引き金になります。

 

肉を食べたかったら豚肉。ビタミンBがとれるから、気道の粘膜を丈夫にしてくれる。その他のおススメ食品は、ギンナン・干し柿、びわ、なつめ、くるみ、ハト麦、大根、落花生、ヘチマ、ユリの根、蓮根、フカヒレなどです。

 

果物は、食べ過ぎないこと。おやつに甘いお菓子でなく、干し柿や落花生、くるみ・なつめをポリポリ食べるとイイですね! 普段の味噌汁に大根も加えたら、最強ですよ!!

 

「開運」のために運の入れ物である体の調子を整えることは必須。「私の場合、少し症状が違うのだけれど……どうすれば?」とお悩みの方は、個別にご相談できます。人はそれぞれ体質が違うので、1人ずつの対応が最適ですよ!!

無料個別相談お申し込みはこちらからどうぞ▼

ザ・開運美人レシピ 究極のお作法90分個別相談

早く体調を整えて、「令和」の時代が明るく希望に燃えた人生になるように「開運美人」にならなくちゃね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました! 今日も食事の神さまに愛されますように!!

心と体が、健康、且つキレイになって、
あなたにとっての「最高の運」を
次々と惹き寄せる“究極のお作法”がここにあります。