大学生になってもアトピーが治らない…マクロビも効かないし、一体何をしたら良いの!?

「体にいいと聞いたことは、いろんな打つ手を打ってきた。それでも、アトピーが治らない……」マクロビ専門の・料理学校で指導しているとき、お母さん風の生徒さんから深刻な顔で相談されました。

 

マクロビなど、体に良いとされる食事法を試しても、すべての人が健康を手に入れられるわけではありません。良い結果を生み出せる人、中々結果が出ない人、どんな違いがあると思いますか? 今回は、両者の違いについて、そして、食事のパワーを受け取るための方法をお伝えしていきます。

 

こんにちは!
1日1度の食事のしかたを変えるだけで運が拓ける
開運美人力マスター カノン小林です。

アトピーが大学生になっても治らない娘さん

「私は若いころから体が何となく不調で、毎日が楽しくありません。娘は小さいころからアトピーがひどく、今は大学生ですがまだ治らないんです~!! マクロビが良いと聞いて、この学校に通い始めました。

 

これまでのあいだ全国のアトピーっ子をもつ母親たちと研究会をひらいて勉強もして来ましたし、学校の給食メニューの改善などをかけあったりもしてがんばってきました」

 

「でも娘も私も治らない。ほんとに、このままでいいんでしょうか? 先生どう思います?」

 

お腹・腰回りにたくさんの皮下脂肪がついていてブルンブルンと歩いています。お母さん本人の体調も未だに すぐれないのでしょう、幸せそうにはみえません。

 

マクロビで結果が出る人・出ない人

表情が、マクロビオティックを責めているようにさえ、みえました。じつは、体にいいからとか、アトピーに効くからとかというヒトの評判で始めた方には、2通りのタイプ・2通りのプロセス、そして2通りの結末があります。

 

①体にいいと聞いたから渋々やってみる「受け身」タイプ

「イイ食材って何でこんなにお高いの?」

⇒「洗い方、切り方、炒めるのにも、順番があるの!! めんどくさいな~」

⇒「でもきっちりやらないと治らないっていうから、やるしかないか!!」

「ずいぶん長くやってるのに、よくならないじゃない?」

 

②わくわくと楽しく実践する「ノリノリ」タイプ

「まあ、こんな食材をつかうんだ! 有機栽培だし、添加物ないし、なんか体が喜びそう」

⇒「手間暇かかった食材を作ってくれる人たちがいるんだ知らなかった! ありがたいよね」

⇒「へえ~こんな切り方するんだ。炒め方も 私のやり方と違う、意味があるんだろうなおもしろい!」

なんかこの頃体の調子が少しイイ感じになってきた! うれしい。この料理はいいのかも(^^♪ ありがたいな~」

 

という具合の……2通りです。

 

「食べ方」でも分かる、結果の出る人・出ない人

こんな調子ですから、ご本人たちの食べ方も大きな違いがあります。

 

①のタイプ。朝出てくるのに忙しく朝食をたべなかったのでしょうか。講師が「いただきます」と言うか言わないかのうちに、形だけ手を合わせてすぐバクバク、食べて隣の人と「美味しい」とか「美味しくない」とか、世間話しながらスグ終わります。

 

②のタイプ。食べる前にお料理をニコニコしながら、じいっとながめています。ゆっくり両手を合わせて、何か口で言ってます。食事をよく噛んで味わい、ときどき目の前の食事をながめてます。体全体で楽しそうに食べているのがわかります。終わると両手を合わせてていねいに「ごちそうさま」って言うのが聞こえてきます。

 

さあ、あなたはどちらのタイプでしょうか? あるいは、どちらのタイプを選びますか? 料理の仕方、食事の食べ方でその人の人生がわかりますし、これからどうなっていくのかも見通せるものなんですよ!

 

食事のパワーを受け取るために必ずやること

まず大切なことは、目の前の食材や食事に感謝をして、食材や食事と会話を楽しみましょう“究極のお作法”6日目)。そして、体調を整えるためには1日1度でいいので、20分間きちんと食事をしましょう“究極のお作法”7日目)。

 

アトピーや花粉症、喘息など、アレルギー性の持病を持っている場合は

アトピーや花粉症、喘息など、アレルギー性の持病を持っている場合は、小麦食品など食品衛生法で決められているアレルギー食品(えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生など7品目を含む食品)や動物性たんぱく質は、発症の引き金になるので、気圧の変化が激しい季節(春先、初秋、梅雨)では、控えた方が楽しく過ごせます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました! 今日も食事の神さまに愛されますように!!

心と体が、健康、且つキレイになって、
あなたにとっての「最高の運」を
次々と惹き寄せる“究極のお作法”がここにあります。